コンテンツ

6 出品とメルストライクの設定方法

メルストライクでの出品方法や設定方法をお伝えします。

このページは重要な部分をまとめています。
さらに詳細やシステムについて知りたい方はメルストライク運営のマニュアルをご覧下さい。
パスワードは「strike」です。

メルストライクの動き

はじめにメルストライクがどのように稼働するかをお伝えしておきます。
メルストライクの機能としては大きく分けて2つあります。

  • 商品の「削除」と「再出品」を毎日繰り返し行ってくれる自動出品機能
  • 商品が売れたらすぐに再出品してくれる再出品機能

この2つの機能を動かす条件や設定をこのページでお伝えします。

出品時間等の設定

メルカリのアカウントをメルストライクに登録後、一番最初にアカウントを稼働させる時間などを設定します。

  1. 「メルカリアカウント設定」
  2. 「アカウント別設定」をクリック
  1. 両方のチェックボックスからチェックを外します
  2. 「1日1回」を選択
  3. 1日の最大出品数を入力(※アカウントの評価数により変動します。)
  4. 出品を開始する時間を入力します(18時10分の場合は「1810」と入力」
  5. 「毎日出品する」を選択
  6. 自動出品間隔を入力(※アカウントの評価数により変動します。)
  7. 自動削除(停止)間隔(※アカウントの評価数により変動します。)
  8. 「削除を行う」を選択
  9. 「商品出品時に予定出品数分、古い商品より削除(停止)する」を選択
  10. 青いボタン「表示内容を登録」をクリック

※赤文字の項目はメルカリのアカウントの評価数によって変えます。

以下の表を参考にして設定して下さい。

メルカリの評価数 0〜10
1日の最大出品数8
出品間隔900秒、削除300秒

メルカリの評価数11〜50
1日の最大出品数15
出品間隔900秒、削除300秒

メルカリの評価数51〜100
1日の最大出品数20
出品間隔900秒、削除300秒

メルカリの評価数101〜
1日の最大出品数30
出品間隔450秒、削除300秒

メルカリの評価数501〜
1日の最大出品数60
出品間隔450秒、削除300秒

画面を少し下にいくと商品を出品する際のデフォルト設定の画面になります。

  1. は出品の際の商品の状態や配送方法等の設定です。ここでデフォルトに設定しておくことで出品の度に選択する手間が省けます。
  2. は運用方法によって変わってきますが、商品数が多くない段階では画像の通り「コメントがある場合、自動で出品取消を行わない」にチェックをして有効にしておくと良いです。
  3. 設定してたら必ず「デェフォルト設定を登録」をクリックして下さい。
  4. は効率化の部分になりますので画面通りにしておくのが良いかと思います。
  5. は自分が出品した商品に「いいね」を付ける機能です。
  6. 特に理由がない場合は「する」を選択しましょう。

商品SKUの登録

メルストライクの仕様上、商品が売れたら自動で再出品してくれる機能があります。

商品SKUで在庫数を設定しておかないと在庫以上に出品されてしまい、
「売れたけど在庫がない」状態になってしまいます。
売れてからの取引キャンセルはメルカリアカウントに傷が付き潰れる可能性があるので
しっかりと商品SKUを登録しましょう。

SKUと言ってもローマ字や数字である必要はなく日本語や商品名でも登録できます。

メルストライクの

  1. 「全アカウント共通」から
  2. 「在庫一覧(SKU)」をクリックします。

上記の画面に各項目を入力します。

  1. SKUを入力します、管理番号の様なものなのでローマ字でも日本語で大丈夫です。
  2. 在庫数を入力します(複数アカウントに出品する場合は出品アカウント数分在庫を減らしてください。※実際の在庫数が10個で3アカウントで出品する場合は在庫数は7個です。)
  3. 商品名は自分で把握できるような商品名を入力します。
  4. メモには発送方法などメモしておきたいことを入力しておきましょう。
  5. 最後に「追加・更新」をクリックして完了です。

※在庫数やその他の項目を変更したい場合は「SKU一覧」の「編集」で可能です。

共通商品一覧への登録

商品の出品登録をする際は初めに「共通商品一覧」へ全ての商品を登録します。
ここに登録した商品を各メルカリアカウントへ移して出品します。

※「共通商品一覧」に登録した時点ではメルカリに出品されません。

  1. 「全アカウント共通」から
  2. 「共通商品一覧」をクリック
  3. 「共通商品登録」をクリック

※ここの画面から商品を登録します。

  1. 「画像を選択」をクリックして画像を選択します
  2. 作成したSKUから登録する商品のSKUを選択します
  3. 商品名を入力
  4. 商品説明文を入力
  5. カテゴリーを選択します
  6. デフォルト設定した項目が選択されているので変更する場合は変更して下さい
  7. 販売金額を入力
  1. 「コメントがある場合、自動で出品取消を行わない」のチェックを入れます
  2. 「データ登録のみ実施」をクリックして完了です。

※❶は商品が多くなったらチェックを外しても良いかと思います。

共通商品一覧から各アカウントへ商品を登録

※「共通商品一覧」の商品を指定のアカウントへコピーします。

  1. 「全アカウント共通」から
  2. 「共通商品一覧」をクリック
  3. 指定のメルカリアカウントに登録したい商品にチェックを入れます。
  4. 「チェックしたアイテムを別アカウントにコピー」をクリック

登録先のメルカリアカウントにチェックをつけて
緑のボタン「選択したアカウントに商品をコピー」をクリックして完了です。

指定のアカウントに商品が登録され、設定した時間に出品が開始されます。

出品一覧(メルカリ出品中商品)と商品一覧(ツール内登録商品)について

間違えやすいところなので❶と❷の違いについて説明しておきます。

  1. はメルカリ上に出品されている商品が表示されます。
  2. はメルストライクに登録されている商品の一覧で、ここに登録されている商品は自動出品をしてくれます。

「手動出品」から出品する場合ははアプリからの出品と同じで「出品完了」でメルカリに出品されている状態です。
メルカリに出品されるのに加え、❷にも登録されて「削除」と「再出品」を繰り返してくれます。

同じ商品を2アカウント以上で出品する場合

  • メルカリは1人1アカウントの規約があります。同じ商品を複数のアカウントで出品しメルカリ側から複数アカウント所持を疑われる場合もあるのでご注意下さい!
    (メルカリ利用者、出品者からの通報が集まりアカウントが凍結の可能性もあります)
  • 基本的には1商品1アカウント、多くても1商品2~3アカウントでの運用を推奨します。
  • 同一の商品を2アカウント以上で出品する場合は、以下の内容を変更し、複数アカウント所持と疑われないように対策しましょう。
  • タイトルを変更(キーワード自体を変えるorキーワードの順番を変えるor両方)
  • 商品説明文の所々を変更する
  • 商品画像のファイル名を変更する
  • 画像の順番を変更

※4つの対策をして2~3アカウントで同じ商品を出品しても今のところは問題ありませんが、
いつ仕様が変更されるかは分かりませんのでご注意下さい。